症状を理解して、うつ病に負けないようにしよう

うつ病の治療の種類

うつ病の治療いろいろ

うつ病の治療と聞いて、まず思い浮かべるのはどんな治療でしょうか。 近年はうつ病への理解がずいぶん深まっていますから、いきなり入院するなどと考える人は少ないと思います。 たいていは精神科か心療内科に受診して、投薬治療をするだろうと想像するでしょう。 では投薬治療はそもそも、どんな理由で行われるのでしょうか。 患者さんに処方される薬はおおまかに言うと3種類あります。 うつ状態を改善する「抗うつ薬」、不眠の解消するための「睡眠導入薬」、不安を鎮める働きのある「抗不安薬」の3種類です。この他に患者さんの様子によって「向精神薬」や「気分安定薬」が追加されることもあります。 これらの薬効を考えると治療の主な目的は、患者さんの精神を安定させ休息を促す事だとわかります。

勇気を出して休みましょう

このようにうつ病の患者さんにとって最も効果的な治療は休息です。 特にうつ病の症状のひとつである不眠に悩んでいる場合は、投薬治療によって睡眠のサイクルが戻って来ることによって劇的な改善が見られることがあります。 うつ病を患ってしまうような方は、もともと真面目で物事を真剣にとらえ過ぎてしまう性格の持ち主だと言われています。 このような方に仕事を休んで治療をしましょうと勧めても、職業や生活面への不安から了承を得ることは難しいと言わざるをえません。 そもそも適度に休息が取れるような柔軟な対応ができなくなったからこそ、うつ病を発症されたのです。 仕事の事を考えないようにしたり、負担を減らしたりする事が難しいようなら、思い切って入院するなど環境を変えるのも患者さんにとっては有効な手段となるでしょう。