症状を理解して、うつ病に負けないようにしよう

心が晴れてスッキリした

うつ病と社会

うつ病はストレス社会が生み出した現代病といっても過言ではないでしょう。古代からうつ病は存在していたものの、これまで患者数が多いというのは現代になってからであり、生きにくい世の中であることがわかります。

うつ病と早期発見

うつ病の治療は早期発見が重要です。早めに治療を開始すれば比較的早めに治療を終えることも出来ます。うつ病の治療は長期的な期間を要します。早め早めの発見と治療が望まれます。

うつ病の治療と受診

うつ病の治療は早期発見と専門家による受診が大切と言えます。まずはうつ病かなと感じたときはためらわずに心療内科などで受診して、専門的な立場から判断してもらうといいでしょう。

うつ病の治療の種類

うつ病の治療方法は人の数だけあるといっても過言ではありません。薬物治療においても人それぞれ合う合わないがあり、また食事療法、、生活習慣の改善による治療など様々です。

read more

うつ病の根本的な原因

うつ病の根本的な原因は脳内物質の分泌リズムの狂いなどがあると分かっていますが、なぜ狂うのか、そしてストレスが影響しているのかなどの根本的な仕組みは分かっていません。

read more

うつ病治療の要素

うつに関する正しい知識を知っておきましょう!うつ病に効く薬の種類を知るならコチラのサイトをチェックしましょう!

うつ病治療の3大要素以外に必要なこと

うつ病の治療に必要なものは抗うつ剤とカウンセリング、それに休養と言われています。 確かにこの3大要素は治療に必要なものですが、それ以外にも治療に役立つものがあります。 例えば日光浴です。うつ病は曇りや寒い日には重くなる傾向があり、逆に晴れた日や暖かい日には症状が軽くなる傾向があります。 そのことから日光浴をすることで症状改善になると言われています。 又適度な運動をすることで、うつ病で不足するセロトニンやアドレナリンなどの物質が出やすくなるとも言われています。 そのほかには、心が癒やされる音楽や聞いたり、本を読んだりすることで落ち込んだ気持ちが改善されることもあるそうです。 のんびりとした気持ちで良いので、これらのことを実践してみることも治療に役立つと思います。

前向きに考えるようになるには

うつ病の時は、どうしても気分が塞ぎがちなり、つねに気持ちが落ち込んでいることが多いです。 しかしこれが症状を悪くする原因になるので、出来るだけ前向きな気持ちを持てるようにするのが一番良いことです。 その方法はとにかく気にしなくすることです。又あまり深刻なことは考えないことです。 無責任になるかもしれないですが、とにかく自分のことだけを考え、家族のことや人のことまで自分が背負い悩まない事です。 なんとかなるさ、明日は明日の風が吹くというような、気持ちが少しでも持てるようになれば、うつ病の症状も良くなっていくでしょう。 気持ち一つ変わるだけでもうつ病の治療に、充分役立つこともあるのだと言うこと知ることはとても重要なことだと思います。

かつて行われていた治療方法

うつ病は、様々な治療を試行錯誤してきた歴史があります。古くは、インシュリンを使ったショック療法が行われていました。 インシュリンを大量に投与し、昏睡状態を経験するとうつ病が改善される症状が度々あったのです。また電気を使ったショック療法も行われていました。いずれもリスクが高く、治癒する確率も低いことから現在は行われていない方法です。現在は、うつ病でもあまり症状が深刻で無い場合は、仕事は休むものの、自宅にいながら普段の生活を続け治療を行うことが一般的になりました。症状が重い場合やより深刻さが増すケースは、隔離病棟に入り、監視下の元生活をすることになりますが、実は重い場合はこう言った治療の方が効果的なのです。

うつ病の予防に重点を置くように

うつ病においては、薬物を投与することで一定の効果を得ることは可能です。しかしながら、薬物外の治療で効果的な方法と言うものは今も模索している段階でもあります。 そのため、現在多くの医療機関や教育機関で行われているのがカウンセリングと言う方法です。カウンセリングは、事前に悩み事や不安な気持をカウンセラーに打ち明けることで、精神的な負担を軽減することを目的としています。そのため、治療と言うよりは、うつ病になりそうな兆候を見つけ、芽を摘み取る予防的な役割を果たしています。企業や学校を通じてカウンセラーとコンタクトが取れない場合でも、自治体を通してカウンセリングを受けることも可能です。予防に重点を置いているのが最近の流れです。

Menu